FC2ブログ
コンテントヘッダー

ラマナ マハルシとともに・・・抜粋

地上の重荷は神が支えている。

自我までがその重荷に耐えているような
振りをするのは、塔に刻まれた彫像が
塔の重みを支えているように
見えるのと変わらない。

善い性癖と悪い性癖は
同時に存在する。
片方なしには
もう1方も存在できない。

       ラマナ マハルシ・・・・静寂の瞬間より
このページのトップへ
コンテントヘッダー

誕生と死

人は、皆、一人一人違います。

それ故、個性があり、素晴らしいです。

しかし、人間として生まれると、男性か女性と
いう性別に区分されます。

時代背景は、男性像や女性像を後押しします。

例えば、転んで泣くと「男の子でしょ!泣かないの!」
と、母親は男らしさを強調しますが、男の前に
子供なんだから、痛い時は泣くしかない。

長女に生まれれば、「お姉ちゃんでしょ!」と、
1歳違いでも我慢を強制されます。

そして、女性に生まれ、結婚すると、出産が
当たり前のように言われます。

いやいや、できない人もいるんですって・・・

努力しても、子供を持たない人もいるんです。

私たちは、何事も、自分の意志と行動力で
コントロールしてる気になってますが・・・・
傲慢じゃあないでしょうか?

思い通りにならないのは人のせいにする・・
傲慢じゃあないでしょうか?

私は、人知を超えた生まれる前からの
シナリオがあり、誕生と同時に記憶喪失になり、
人生のあらゆる体験の中で気づき、学び
「ああ、こんなような事、学ぼうと思って
両親を選んだかも・・・」と、思い出すのかも
って思ってます。

人生は、ゲームのようなものと言っても、
進化のプロセスであることに変わりなく、
学びのステージ(もちろん自分が主役)
です。

子を持つ人、持たない人、結婚しない人、
出家する人、橋の下で暮らす人、大金持ちの人、
病弱な人、・・・・・・すべて、その状況でしか学べない
しかも、同じ者のない学びがある気がします。

だから、人はたまたま生まれたのでなく、
偶然でもなく、できちゃった訳でもなく、
その時、その場所、その親を選び誕生する
のではないでしょうか?

上から看板が落ち、亡くなってしまうのも、
飛行機事故で亡くなってしまうのも、
偶然なのでしょうか?

たまたまと、とるのか・・シナリオと、とるのか。

人生は他力と自力の協働作業であるからこそ
「お陰様」という見えぬ存在に感謝ができるのでは
ないでしょうか?

試しに生まれた人はいません。

試しに電線から落下したスズメはいません。

試しに噴火した山はありません。

試しに太陽が西からのぼる事はありません。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ラマナ マハルシとともに・・・抜粋

呼吸の制御は心を制御する方法である。

心と呼吸は、どちらも空気の1部であり、
その2つは同じ動きの性質を持っている。

呼吸の源は、心の源と同じである。

それゆえ、1方が制御されれば
もう1方も制御されるのである。

   ラマナ・マハルシ  「静寂の瞬間」より抜粋
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2015年はじまりました。

おはようございます。

2015年未年、今年も意識は「今」。

頭の声や妄想する私と本当の私は別物です。
「うそ~どっちも私だってば~」
「う~ん確かにそう思うよね~」

頭の声(自我)」は、自分がいつも不完全である
と、疑いません。

あれやこれが整うと、きっと幸せになれる事を
信じてます。

欠乏感が必要なのです。

でもね!その声を聴いてるということは
声を発してる人を観察し、傍聴してる誰かが
いるということです。

そうそう、それが意識体のわ・た・し

そして、聞いているのは「いまここ」で。

「いまここ」で誰かが感じてる。

「いまここ」の静止した静寂の最奥に
脈々と叡智の川が流れてます。

過去や未来を往復してばかりでも
必ず中心はリアルな「いまここ」からです。

だって、過去も記憶の中だし、
未来も予測の中。・・・頭の中にある。

ここに取り出して見えないものなんです。

だからその場の自分の雰囲気次第で
悪くも良くもなるし、時にはぼやけてしまう。

「なあんだ」記憶や予測に苦しみながら
今を生きるなんて「もったいない」・・その通り!


去年の私はスイングするブランコみたいで
「いま」を通り過ぎ未来や過去へ行ったけど、
「さあ気がつこう」通り過ぎたら戻ろう!

「ようこそ今に!」「ようこそここに!」
このページのトップへ
コンテントヘッダー

大切な事Ⅱ  自分の存在の尊さを疑わない

愛によってこの人生に送り込まれた私たち。

両親のセックスと言う行為を
指しているのでありません

肉体の親である両親の存在なくして
この世の誕生はありませんが、自ら親を選び
ある程度の人生のシナリオを承知で受肉します。

こう書くとカルマというものを、強力な因果論と
考えてしまいがちですが、そうではないと私は
思います。

人生の中で、自らが、小さな改良や変容を重ねることで
創造的な人生を再編できるのだと思います。

大切なことは、自分がしっかり希望を意図し、できる私を
信じる事です。

もっとはっきり言うなら、私の尊さを決して
疑わない事です。

私の偉大なるパワーを疑わない事です。

疑いは人生から喜びやチャンスを奪います。

疑いそれは、恐れによって守られているもので
変容の際の分厚く感じる壁のようなものです。

人生はカルマに翻弄されるものでなく
愛にあふれた冒険であり、チャレンジです。

哀れな自分や、惨めな自分は、それをやめると
自らが決心しない限り、誰もそこから引き出しては
くれません。

恐れは自分の中(神経細胞内)に防御システムとして
存在してますが、暴れだすと様々な化学物質やホルモンを
出し肉体は消耗します。

勇気をだし、立ち上がり、オリジナルな素晴らしい
人世に向かって漕ぎだしましょう。


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR