FC2ブログ
コンテントヘッダー

盲導犬の補助器具(ハーネス)

アイシャはやんちゃな犬です。

毎日、お気に入りの出窓に上がり、
外を眺め、「あそぼっ!」と吠え、
時に警戒して吠え、何故か
郵便配達さんに乱吠えします。

我が家の訪問客には、気が向くと
じゃれますが、あまり愛想はありません。

犬種的には、運動能力、知能など
トップクラスのボーダーコーリーですが、
私にとってはナンダコリャーです。

それに対して盲導犬たちは、
ハーネスをつけられている間、
介助のプロとして任務を全うします。

吠えませんし、じゃれつく事もありません。

でも彼らも、アイシャと同じ、私と同じ
自由を持つ生き物です。

なのに、ご主人の為、喜びを待って
人生を捧げつくします。

その眼には、嘆きはなく、穏やかな
やさしさと、信頼、愛にあふれてます。

私たち人間は、ながい間、教育や
メディアや社会から、どこに発信元が
あるのかも知らずに、洗脳を
されてきました。

疑うべきものをはき違え、
比較や恐れをベースに、明日の
確かさを欲しながら、空しい眼を
して生きていくようになりました。

常識という、聞こえの良い「服従的」
ハーネスをつけているのに、
一体化しすぎて不要な時にも
外せません。

地球や人類が大変化の波の中
待ったなしで起こる出来事に、
飲み込まれる前に目覚めましょう!

寿命が延びても病気が増えるのは
なぜでしょう?

さまざまなワクチン接種をしながらも
問題を抱える子供たちが増えるのは
なぜでしょう?

本当に役立つ廉価なものが
販売中止になったのはなぜでしょう?

薬毒、食毒、テレビ毒に侵される前に
人としての優しい眼を取り戻し、
シンプルな生活を取り戻し、
「なぜこの時期に生まれたのか?」を
内省し、
母なる大地に、お詫びと感謝の気持ちで
立ちましょう。
そして、優しい眼を信頼の眼を持って
愛を送りましょう!

今日のメッセージ
一人一人が、意識を愛に向ければ
たちまち変化するものもあるのです。
私たちは、小さな存在だけどすごい。
私たちは、すごいけど特別じゃない。
特別じゃないからこそ、無限の
エネルギー。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

声は、呼吸の表情豊かな現れです。

声は、空間を流れる振動、波動ですが、
紙に描けるデジタル波形というより、
本質は立体で動きのあるアナログな
波動だと感じます。

テレビよりラジオの方が、視覚に頼らない分
相手の状況や心境が伝わってくると
感じたことはないですか?

現実のアナログ的な会話のおいては、
目を閉じ、耳を澄まして、集中し、
相手を感じるような聴き方は皆無です。

聴くとは、耳のみでなく、体全体で振動を
キャッチできます。

気配を感じるのは、体や心の耳がキャッチ
するのではないでしょうか?

普段は、視覚や聴覚に頼り、
いろいろな情報を得ています。

でも、全部を受け取っている訳でなく
その時の自分の都合や心境によって
聞き流したり、見えなかったり、
受け止めたりしています。

さらに、声にはならぬ「おもい」が
発信する波動に応じる情報しか
やって来ないのだと思います。

「おもい」は自分から発する音なき声。

しかし、体はたいしたもんです。

眠りにつけば、ちゃんと耳をクローズ。

心臓は眠らず、ちゃんと鼓動し、血液は
血管を飛び出すことなく、脈々と流れる。

各臓器も黙々と働き、「おい、肝臓、役割
変えようぜっ!」なんて腎臓は言わない。

そして・・・・体は音なき声の「おもい」も、
聴いています。

自分が「もうダメ」と、思えば、各機能は低下し、
「病気かも?」と、思えば病気を呼び込む。

だって、体は親分である、私の声も、音なき
声の「おもい」も区別がつかず、差別せず、
従ってくれるように感じます。

だから、あえてしっかり、声にだし、
「ありがとう肉体さん」「使いまくっていたわらず
ごめんなさい肉体さん」
そして、「これからも仲よくいこうね」

せっかく使える音ある声なら、空間が
気分よくなる調和した言葉を使いたいです。

その空間に、自分の肉体も、愛犬アイシャも
ちょっと弱りかけたシクラメンも、
昨日汲んできた川の水も、重宝してる水筒も、
半分以下になった消しゴムも、
みんなみんないるもんなあ~


このページのトップへ
コンテントヘッダー

人生とブランコこぎ

ブランコに乗ったことのある人なら
皆さんおわかりでしょうが、
ブランコは自分でこぎます。

ジェットコースターのような操縦の仕方ではなく
自分の意志と力で、静止状態から
徐々に力をかけ、前後にイスを揺らします。

小さな揺れは、遠心力も加わり、だんだん
大きな揺れになります。

いつの間にか、静止位置をあっという間に
通りこし、前へ後ろへ揺れていきます。

しばらくは力を抜いても、そのまま自然と
動きます。

人生は「オギャー」と生まれ、無垢な
赤子に知識と、自我が加わり、
大人の入れ知恵も加わり動きます。

それはまるで「人生」空間に
ブランコをこぎだす如くです。

小さな穏やかな揺れは、時に激しく
前に行ったら「大喜び」し、後ろに行ったら
「ギャフンと凹む」。

力を抜けば、徐々に止まるのに
揺れ幅に、慌てて、さらに力が入ります。

「もうやだ!」と、降りれば、タンコブか
青あざのおまけつき。

ああ。何たることか~自分でこいでることを
いつから忘れたんだろう?

中庸である真ん中は、退屈すぎて、始めた
人生のブランコこぎ・・・
誰も押しちゃあいませんが・・・
何故か「やめて~」と叫ぶ自我。



このページのトップへ
コンテントヘッダー

家族Ⅱ

多くの人は、自己の本質である永遠の
エネルギー、命を知らずに肉体の死を
むかえます。

「自分とは、両親から生まれた子供であり、
人生の体験から出来上がった性格であり、
ストーリーを語る心を持った人間だ。」と
信じています。

それは、思考が扱っている小さな部分ですが
あまりに、強烈でリアルに感じる現実は
私たちの感覚を狭め、特に家族に関しては
役割や世間体の観念が手放せません。

自己の本質に触れる話より、自作の家族の
物語を語ったり、自己判断の長所短所を
語ったり、これが、多くの人のコミュニケーション
です。

だから、当然のように比較や羨望が生まれます。

「私とは?」と聞かれても、
「これこれこんな家族があり、仕事があり・・」
と、状況説明が始まります。

「私は、あなたとも、あのワンコとも同じ
ひとつの大いなる命です。」
なあんて答えたら、
「何の宗教?」
「スピリチャルにはまってんの?」
「訳がわからん?」と反応されるかも
しれませんが、比較や羨望は生まれません。

私は、一人一人が自分の本質に触れる事
(体験)が、今やいかに大切かと、思っています。

「自分を愛する」という当たり前のことも、機能不全の
家庭に育つと、難しく感じてしまいます。
愛せる自分になれるよう頑張らねばと、
ますます思考は自分を責めるのです。

両親も自分を愛する事を知らず、条件付きの
愛しか解らず、それでも良かれと必死で
子を育てたのかもしれません。

そして、その両親のもとに生まれたからこそ
気が付ける「機能不全」。

自己信頼に欠ければ
変わりゆく人やモノを見て、コントロールできない
自分の中の不安をあおり、変わらないものへの
しがみつきを試みます。

でも、しがみつきをとことんやり。へとへとになれば、
それは形あるものへの捕らわれた自身の心を、
映し出しているとわかります。

この世界は、中途半端ではわかりにくいようです。

「変化」は誰かの都合に合わせて起こるのでなく
ただおこる時に起こるものです。

思考(エゴ)は、はぎ取られた自分の人生の
1部しか感じる事ができませんが、大いなる
内なる命は、全体総和の1部を生き生きと
生きてます。

でも、死んでからわかるより、生きながら
意識をそこにむけ、生活し仕事をすることで
集合意識の大転換が起こるのでは
ないでしょうか?


このページのトップへ
コンテントヘッダー

家族

家族、この容易に断ち切る事のできない
縁の中、苦しむ人はたくさんいます。

暴力的な家庭に育ちながら、結婚相手も
暴力を振るうという、まるで追体験を求める
ような出会いになる人もいます。

「この人さえ変わってくれたら、幸せになれる」
と、疑いなく、相手の変化だけ祈る人もいます。

なぜ、私たちは、この小さな社会とも言える
家族関係において、幸せになれないのでしょうか?

宇宙の差し出す、人間関係は、なぜ厳しく
困難なものがたくさんあるのでしょうか?

地球という星で、それぞれ自我の肉体をしっかり
纏い、それでも「ささやかな幸せ」を求め、
依存や優越感をごちゃまぜにし、自称「愛」の
名のもとに、それぞれのストーリーで、関係を
持とうとすると・・・・・・・く・る・し・み??

私たちは、楽しいこと以上に、辛い事を
しっかり記憶しています。

記憶だけでなく、学びもしています。

「困った人」が、師となり、変われるのは
自分の想いだけである・・と、時間をかけながら
気づく。

ありのままに・・は、私だけでなく、あの人も同じと、
認められない悔しさと怒りの後、あきらめの中で
悟る。

犠牲者のように感じても、人生においては
自分が唯一の主役です。

自分をいかに相手に投影しているかに、気が付くまで
外に目が向いて、問題は内には感じられないのです。

望ましいものを求めるなら、内なる変化、気づきが
いかに大切か?

この星は、気づきのための場、霊性進化の場。

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR