FC2ブログ
コンテントヘッダー

問題解決法は自分しか知らない。

次々、起きてくることが悲劇だったり、
「この先は、いったいどうなるのか?」と
自死すら脳裏をかすめる時。

やってもやっても、報われず、
対応能力もここまでとなり、自分の思考力も
底をつく時。

そんな時、私たちの行動は様々です。

やけくそになる。
愚痴を言って、人や世を恨み悲しむ。
幸せそうなモノを破壊する。
闘争的になり、力で何かを勝ち取ろうと試みる。
無力感にさいなまれ、ひきこもる。
自力の限界をとことん知り、生かされている事に
少しずつ目覚める。

気持ちのおさめ方は、いろんな段階がある気がします。

肉体、精神、魂の三味一体である、自分への理解は
必ず、どこかのタイミングで始まります。

それは、その人にとって、ちょうど良い完璧な
タイミングで「自分自身を知る」ことが、始まります。

この世のすべては、波動で、この私も波動で、固有の
周波数を受けたり発したりしてます。

それぞれが、似た周波数に引き寄せられ、また
ひきつけているのかもしれません。

「私を知る」ために、わざわざ、困難を引き寄せ、
苦労状況を呼び寄せ、さんざんあがいた揚句、
「あっ、この状態を変化させるのは、外や、他人でなく
私自身だ。自分の考え方や思い方を変えてみよう」と
決意するのではないでしょうか?

原因不明、治療困難な病になっても、神々しい
生き方の人に出会いました。

傍からのぞいて、決して上手くいってないような
環境にあっても、明るく、あたたかく、漂々と
軽やかに生きる人に出会いました。

素敵な深い愛ではぐくまれ、恵まれた中、
傲慢さもなく、謙虚に、でも、人生を十分に
楽しむことに旺盛な人に出会いました。

異口同音・・私を愛してる。人生を楽しんでる。
・・・・でした。

この世には、ポジティブ、ネガティブと明確に
線引きできるものはなく、ちょっとした周波数の違いを
それぞれの状況や都合で明暗化している
のではないでしょうか?

そんな思いの周波数は、計れず、確認できませんが
ちゃんと、気が付くことができます。

感情と言う、ナビがあるからです。

表面的な考え方より、潜在的な感情は正直です。

そこで、染み付いた正義感や小さい頃からの
オリジナル観念や宗教観、罪悪感、責任感など
あらためて覗く作業があらわれます。

罪悪感や宗教観は恐れの属性があり、何年何十年
何万年と、細胞に張り付いた、めくっても幾重にも
重なるしつこいものです。

この受け継がれ、語り継がれた「恐れの素」は
はがされないよう、自我が防備してます。

しかし、「このなものいらない」なんて言うのは
失礼な話で、ながいことこの周波数と共振して
きた訳ですから。

感謝はすごい消しゴムです。

難しいことがわからなくても、感謝の力は
減らない消しゴムと一緒です。

今日のメッセージ
悩みは、悩みと言う固定化したものが、私たちの中に
あるのではないのです。
何か、気がかりなことを思い、考えだしたときだけ、
やってくるものです。
そんな時、想像力は恐れを土台にするので
、我今に非ずとなり、未来志向の予期不安が
頭の中で疑いようのない存在になるだけです。
わざわざ、その恐れの周波数と共振し、
自分で掴んで、対策を考えてしまうのです。
忘れていれば、ないのが悩み。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なぜ自身を知るのか

私たち人間は(拙稿の見解では)互いに人と語り合うために言葉を使う。互いに人と共感
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR