FC2ブログ
コンテントヘッダー

自然


昨年の冬至12月22日早朝  山梨県長坂町より

新しい太陽は、力をさらに増し、その命の光を、あまねく全てに、惜しみなく
自己都合なく、降り注いでくれます。

鳥たちは、日の出を待ちわびるかのように、さえずり、飛び交い、
その一生が尽きるその日まで、文句一つ言わず、
黒いカラスが、美しい鷺をねたむことも、ありません。

花は咲いても、枯れても、ただ花をやり抜きます。

石も石ころとか呼ばれても、蹴っ飛ばされても、転がった場所にただ落ち着き
風雨にさらされても、ただ在ります。

自然や、植物は、言葉を持ちません。

私は昨年、喉頭浮腫から呼吸困難になり、空気のありがたさが
身に染みました。

そして、自然動植物に比べ、いかに自分が傲慢に生き、
思考に捕らわれているかを思い知りました。

冬至の朝、ワンコと肩並べ、日の出を待ちました。

大きな進行中の変化の波を感じました。

今日のメッセージ
病気や体調不良になると、悪いところに、気も、目も、向きがちですが、
日ごろから、動ける足や、ご飯を口まで運んでくれる手の動きには
当たり前すぎて感謝すらできません。
そして、空気が吸えるありがたさは、なかなか実感できません。
地位、名誉、学歴、家族構成、財産、容姿、性格などなど、外側を比較すれば、
きりがないのです。
鳥や、石や、花を想像してみてください。
ただ、そのものを生きているからこそ、いきいきと、自然に混ざり、
「ある」のではないでしょうか・?






このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR