FC2ブログ
コンテントヘッダー

不完全という完了形

かれこれ17年前、初めて手にした
シルバーバーチの霊訓と言う本。

その内容は、まるで稲妻に打たれたごとくの
衝動でした。

衝動は懐かしさであり、安堵でもあり
「会えたね」と言う感じでもありました。

幼い頃より、死んでおしまい、この世限りの命
という多くの人の考え方や生き方には
しっくりいかず、心の師を求め
真理探究の旅が始まりました。

今ようやく、机上での勉強や、哲学
精神論以上に、体験というオリジナルな
経験の積み重ねが、いかに私たちの眠った感性を
呼び覚まさせるのかがわかります。

どこかに答えがある訳だけではなかった。

我が内にすべてあり、目を覚ます、
まさに「覚醒」とは気づきであり
求め探し出す「どこかむこう」になく
「いまここ」にありました。

眠っていても、失神しても
動いている心臓は自分の
意識で「動かしている」訳でない事は
はっきりしてます。

大袈裟かもしれませんが
神の意識が肉体を存続させるため
命を吹き込んでいるのではないでしょうか?

私たちは、多くの人と出会いますが
その出会いも、「さあ会うぞ!」と
意識して叶うものでなく、見えぬ天の
計らいなのではないでしょうか?

自分にとって、好ましくない悪縁と思う
その中に、神の光を見出すこともあります。

悪しき縁が良き縁の素となり、+と言う文字も
-がくっついてできているのですから。

愛することを善とすれば、愛されぬ事は悪と
なり、愛せぬことを罪に感じます。

しかし、どちらも段階の違い、周波数の違いのみで
善悪という観念こそ、ねつ造された世界を構築する
為に必要だったのではないでしょうか?

進化を思えば、現在の不完全を
感じます。

本当はどの瞬間も完全であり、ただ無常の
この世界に中では、変化ぜずにいられぬ魂の
衝動があり、その衝動の種こそ
「カルマ」というのかもしれないと思うのです。

と言うことで、次から宇宙と生命のメカニズムを
あらわしたシルバーバーチの本より
抜粋したいと思います。

コンプレックスもよし、だってそのお陰で
救われている事もたくさんあるんです。

長所も短所も私のもの。

同じように見える肉体と言う地球服を
何回も何回も脱皮して今があるなら
ボロボロにしないよう手入れできるのは
私しかいません。



このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR