FC2ブログ
コンテントヘッダー

断薬

お薬やお医者さんとのご縁が、薄まり、
遠くなり、まる2年がたちました。

平成13年2月、旅先の長野県で
呼吸困難により救急入院。

気管、声帯付近は、膿んで腫れ上がり、
声は全く発することができませんでした。

呼吸は苦しく、今までどうやって
息をしていたのか考えてしまうくらい
窓を開けたり、服のジッパーを下げたりして
「死にたくないなあ」と思いました。

救急車の中で医師に何度も
励まされながらいました。

酸素マスクも、もう吸えない状態で
「とって欲しい」と潤む目で医師に
伝えました。

大量のステロイド(その際医師から
とてつもなく強い説明あり)と抗生剤の点滴。

入院し、霊視霊聴などできない私が、
初めて、体の声を聴いたのです。
「薬ではない」と・・・・・

夜も全く眠れず、「助けてほしい」と
心が懇願しても、楽になりませんでした。

でも、「私に関わる全ての人、もの、あらゆる
動植物が今を平和にすごせますように」と
祈ると、息が楽になりました。

次の夜も同じでした。

幼い頃より、病弱でしたが、自然医療への
関心もなく、それっぽいことは、やってはみるものの
症状の辛さに、対処療法を選択し続けてました。

いつも痛いお腹、薬なしでは便通もなく、
痒みや、止まらぬ咳に悩まされ、すぐ、感染症をおこし
骨も折れやすく、「なんでこんな体なんだろう?・・」

元気な人、動いても倦怠感のない人が
不思議でした。

しかし、この入院を境に、勇気をもって
断薬に踏み切りました。

まさに病気は気づきを促し、生き方の
方向転換をしながらはじめの一歩を踏み出す
そんな体感をしたからです。

確かに、今の医師は、受診の際、人の体に
触れることなく、顔をしっかり見ることなく
パソコンにむかってます。

でも、極端に否定する気持ちはありません。

どこかに投薬不要の気持ちがありながらも
受診と言う行為で、救われた自分があるからです。

そして、自我と真我を知ってか知らずかは問わず、
すべての人が生きる事に必死だからです。

気づいたものが変化し、歩き出せばいいのです。

私は、病弱のお陰でいろいろなことに気が付けました。

仲の悪い両親のお陰で、家族の在り方に気が付け
自分の夫との関係、認知症のばあちゃんとの関係を
感謝にしてゆくことができました。

何より両親なくして、この世界で存在体験
できないことに気が付き、両親に感謝ができました。

まる2年たち、断薬をしたことで
あらためて「お薬たち」にも感謝ができました。

未熟な私は、まだまだ気が付きながら、一歩ずつ
歩いていくのだと思います。


このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR