FC2ブログ
コンテントヘッダー

苦しい時こそ神頼み・・これこそ魂からの直通電話

私は決して健康おたくではないのですが、
虚弱体質の為か
精神軟弱な為か、「健康」は永年の
キーワードであり、「どっさりウンチ」
「アレルギー改善」「快便食」
「自然な咳止め」なあんて言葉を
見ようもんならグラッ!!

しかし、なんでかわかりませんが
テレビで「○○は免疫力向上、快便」
なあんて特集は心に響きません。(??)

放送直後スーパーの棚から○○は消えます。
そうですバカ売れ現象します。

ほとぼりさめやると、次の特集が・・

なんで、信頼する免疫学者の検証もなく
タレントさんのアバウトな
大袈裟な(大事なセールスポイント)紹介
で衝動に走るのかなあ?

しかも、自分の直感はそっちのけ。

と、言っても何十年か前の私もそうだった。

個人をとりこにするテレビは
すごい洗脳マシーンだと思います。

そこにはみんなが言ってるとか
あの人もやってるという左脳の
値踏みの判断がありますが、
とりこになったら気が付けません。

手っ取り早さが売りの情報には
精神や魂を含める三位一体の体を
健康に導くものがほとんどありません。

だって、それは、それぞれの体に分離して
いろいろお勉強中だから、
その体を扱う我が内側の魂(命)しか
知らないんです。

でもね。ビッグチャンス到来。

めちゃ体調が悪いと、まさに神頼みに
なりませんか?

人生の壁にぶち当たったりしても
なりませんか?

「神様、仏様、お釈迦様、イエス様
観音様、マリア様、大天使ミカエル、ガブリエル、
えっとウリエル、それから,そうだ!守護神さま~」

「どうか、私をお救いください。」

いいんですよ普段忘れていても
困ったときだけでもいいんです。

お賽銭もいらないんです。

私の場合。
喘息からの呼吸困難。・・・
くるし~はあはあ。・・
「どうか助けてください。」・・変化なし
「もう悪いことはしません。
心底反省しました。」・・変化なし
「呼吸器さんいつもありがとう」・・あれっ
「どうかすべての人たちがあらゆるものが
愛にくるまれますように」・・あっ楽になった

あっ、そうか~

ありがとう。
ごめんなさい。

すべてが平和に導かれますように。

本当に素敵な言葉です。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

雨も風も吹き荒れるこの世界に生まれて・・・・

人から聞いた話や
本に書いてあった話から
「そうか、なるほど~
そうなんだね~」と、わかった事。

この世を生きる体験を
積み重ねるうちに
「まだまだ知らなかったんだ~」と
思い知る事。

この違いを、存分に味わい
オリジナルな気づきを深める事。

あえて、雨も風も吹き荒れるこの世界に
降下したのは、そんな事の為もあるのかなあ?

さぞや、この世の誕生決意に
魂の家族は「勇気あるねえ~」と
拍手したのだと思う。

あの人、この人みんな
すごいチャレンジャーだと思う。

だから、産道を潜り抜け
この世の光を見た瞬間、
肺呼吸と同時に、
怖くて泣いて生まれるのかも
と思う。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

情報と言うストレス

膨大な情報に囲まれ暮らす現代人。

ネット検索すれば、知りたいことは簡単
お手軽ゲット。

私は昭和30年代生まれです。

学生の頃は、このような文明がやってきて
世の中に情報(多くがデタラメ)が溢れかえるなど
予想できませんでした。

あっ、でも今1番嬉しいことは
人間の本質が意識であるということが
多くの人に知らされている事です。
(若い時は、ほとんどの人には伝わらず
魂なんて言おうもんならオカルト扱い・・)
もちろん、神のツールかもしれないネットの
お陰もあります。

学生の頃は、テスト前になると友達から
ノートを借り必死で書き写しました。

コピー機は中学生の頃はなく、
ただひたすら、友達のノートを(
時には乱筆乱文を読み解き)
さらに乱筆で写し書いたものです。

調べ物は、辞典や資料から大変な
労力を使い、しかも、ポイントはずれの
断片解答を手に入れ、それでも
満足してました。

簡単に手に入ると、すぐさま忘れ
苦労すると意外と身につくものでした。

今や、人知れず中学のころ書いた日記から
時代の変化に伴い、50代の私の、しかも
誰でも読めるブログ書きになり、
便利の有り難さも享受しつつ、不便の中の
感性も愛おしいです。

便利は不便と隣り合わせ。

情報が多くて何が本当かわからない、
匿名意見の嵐に気持ちがぐらつく、
そんな人も多いと思います。

正解や不正解はあってないようなもの。

それより、豊かな感性を育むものは
押せば答える情報機器のなかに
見つけにくいのです。

人間として生まれたのは、この授かった
肉体を通して様々な体験をし、魂のお勉強をし
さらなる意識のステージ進化の為。

頭でわかるほど、進化の過程も垂直直線型
ではありません。

まして時間と言う概念も、過去から未来
という水平直線型ではありません。

ただこんな風にしか認識できない
次元に生きているのです。

いろんな人に出会い、傷ついたり
助けられたり、恋したり、裏切ったり
仲間はずれされたり、優しくされたり
私たちが善悪ととらえる体験こそが
知力体力強化につながり、その善悪の
2極からの極端な思い込みの気づき
につながると思います。

ちゃっちゃっと答え合わせが
できないからこそ、「想像」という
愉快な「妄想力」がわきます。

ああでもない、こうでもないとあっちこっち
壁に当たり、タンコブを作り、もがきながら
バタバタ生きる。

ふと、気が付くと、自分の足元には
あらゆる微生物が混在する豊かな土。

「あっ!」と、ここに目が向けられたとき
しみじみ沸き起こる安堵感。

この無形の感性こそ、多量の情報の中にはない
生きるヒントが隠されているのでは?







このページのトップへ
コンテントヘッダー

佐藤と鈴木

日曜の夕刻。

曇天の中、ちょっと心地よい風の吹く時間。

アイシャとヒロさんと3人で近くの
公園にお散歩。

缶ビールをのみながらボンヤリ過ごす・・
その時、現れた自転車少年2人組。
607-1_20150607171631ffe.jpg

607-2.jpg

歳はどう見ても小学校1年生~4年生。

「う~んリラックスしてるんです。」と、寝そべりだした。

もう一人は、立ってヘルメットをこつきながら
「鈴木遊ぼうぜ」と、誘う。

今どきの小学生は、やはり、普段から
ストレスにさらされているせいか
「リラックスしよう」なんて・・・笑えwる。

そこに、やってきたのは、敵対視する
2人組。

やはり彼らも、自転車。

「世界1周するって話は嘘かよ~佐藤!」

「ば~か!違うわ!今から行くわ!」

「おめ~ら違う公園に行けよ~!」

そんな会話の中でも、我、関せずの鈴木くん。

彼は、寝そべりリラックスしてる。

私とヒロサンは笑いが止まらない。

敵対相手の1人は佐藤くんと、判明。

まあ揃いに揃った日本人を代表するような
名字の鈴木と佐藤。
しかし、今まで1番威勢の良かった少年が
佐藤の「おまえんちに行くぞ」と言った瞬間から
激しい動揺が見られた。

「うちの父ちゃんと母ちゃんは
今、寝てるからそんなことするなら
おまえの父ちゃんと母ちゃんに
言いつけるぞ!」と、半ば逆切れの
脅し文句。

もう、私はチビたちの心境おかまいなしで
大笑い。

そして、我々は家路に。
607-4.jpg

で、これ本当の話なんですが、
その2人組が今、我が家の隣の
敷地の駐車場で無邪気にきれいな石を
探してるんです。

今日のメッセージ
平和はいつも内にある。
想像は可能性の幅を広げてくれる。
すべてのものが今、ここに平和と安心、
安らぎに満たされますように。
鈴木も佐藤もすべての子供たち、大人たち
あらゆるすべてが愛にくるまれますように。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

謙虚さが続かないのはなんでだろう?

苦しい時にあった謙虚さや、感謝の気持ちが
人生、追い風に乗り、調子が良くなると
影をひそめ、いつしか自分の運や才能と
勘違いし始める人。

もっと、たちが悪いのは、順境でも傲慢なのに
逆境になると、今まで以上に我がままになる人。

まあ、個性って言えばそれも個性ですが、
間のあたりにすると気分は良くないです。

いやあ~私もそんな振る舞い方が
何度かあったかもしれません。

こんな風に都合よく感情が変化するのが
まさにエゴちゃんの私。

悩みは吐き出したいけど、助言は必要なし。
お助けポイントだけ手を貸してほしいだけ。
あくまで自己中で、痛いとこだけさすって。
解決は部分だけで、原因に触れるのは
めんどくさい。

「あほんだらあ~勝手にせい!」

大いなる命の中、大いなる計らいがあり、
あらゆる縁が、線や点と交わり、事象となる。

頭では解っちゃあいても、現実、
良いことは有り難いが、嫌な事は
有り難いなんて思えませんよね。

だから、「ありがとう」を1万回言ったとしても、
振る舞いの周波数は「××」なら
そりゃあ、何を引き寄せてるのか、
次に起こる事象は・・・・・
言わなくてもわかりますよね。

悪いことは、ひょっとして、
魂の奥深くでは、膿や毒だしになってるかも
しれません。

幸せって、変化の中にしか見つからない
特有の感覚かもしれません。

池の底に足をつけ、浮かび上がるよう
窒息状態のあとの一息は
まさに、神のブレス。

そう、空気が吸えて生きる事ができ、
安全な水を飲めて命がつながる。

土壌の中の、多くの微生物によって
作物は根を張り
鉱物はミネラルを提供してくれる。

人間同士がなんだかんだ言っても、
それ以上に、私たちは自然や動植物に
謙虚さを欠いて生きている事は
事実です。

その存在に、その無償の姿に
どんなに癒され、生かされ、救われているかを
忘れ去り、操作し始め、「異常気象」
「経済破綻」と我が身に降りかかる
火の粉だけ見てる。

謙虚さが続かないのはなんででしょう?

もっともっとの度を越した欲求は
一人一人が「足るを知る」以外
止まる事はありません。

幸せは、変化の中に現れる感覚ですが
破壊や犠牲を土台にしてきたなら、
やはり膿だし毒だしの現象が
起きてしまうのではないでしょうか?

今日のメッセージ
私たちは一人では生きられません。

オギャーと生れ、すぐ立てず、食べ物も探せず
それに裸で無防備です。

そう、最初から、誰かに助けられながら
生きているのです。

そう、「感謝」が前提に、この地球システムに
組み込まれ、生まれてきたのです。

そう、「謙虚」が前提に、受肉したのです。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

部分と全体

私は西洋医学を否定はしません。

しかし、それ以外の代替医療があり、
日本ではまだまだ認知度も低いですが、
素晴らしい効果を確認できるものも
数多くあるのは確かです。

病気をたくさんしてきた自分だからこそ
我が身を実験台にし、音叉やホメオパシーを
やってます。

知らない人からは、三位一体の精神学や
インナーチャイルドの潜在意識も包含する
療法ゆえに、「めんどくさい」と言われ、
理解されにくいかもしれません。

しかし、さすがに、我が身に施す療法をダイレクトに
否定表現されると傷つきます。

病気とは、病体とは言わず、気が病むと
言いますが、半分以上が「気」が先に
おかしくなり、その後、体に変調を
きたすものだと思います。

あの人は「気の毒」と同情したり、
ちょっといかれた人を「きちがい」と表現したり・・

「気」は見えず、聞えませんが、空気同様に
人はその存在を認めているのです。

簡単に言うなら、体中に充満する「生命力」。

「気」とは狭義の意味も広義の意味もあります。

死ぬと体から「気」が抜け、亡骸になります。

もし、クマと遭遇して、息を止め死んだふりをしても
亡骸になりません。
そこには、「気」があり、似て非なるもの。

亡骸は、切り刻んで解剖しても犯罪になりませんが
死んだふりは、切り刻めば、猟奇的犯罪です。
(あたりまえですが・・)

何が言いたいかと言うと、「気」なるものの重要性。

「病気」と言う結果を「薬」という結果で対処しても、
「病気」を生み出す「原因」は残されたままです。

「病気」は「病気」という「結果」を
もたらさねばならぬ
気と物質を合わせた体という土壌が
汚れたから現れたもの。

ならば土壌改良が必要では
ないのでしょうか?

てな事で、現在、プロのホメオパスにつき
全てのワクチン、薬の毒だし(害だし)を
始めました。

害だしは激しい好転反応も承知で
始めました。

心強いのは、私は音叉施術ができる事。

今ほど音叉に感謝することはありません。

寝る時も、ベッド横にオームユニゾン、サーキュレーション、
オゾンの音叉を置いてます。

そういえば、小さい頃の思い出で、
ワクチン接種の時、講堂を逃げまくる
私があります。

逃げ足は鈍いくせに、ギャーギャーわめき
先生に取り押さえられるまで抵抗した
予防接種。

今思えば、ただの怖がりでなく、、「これ変」
知ってたのかなあ~?

今日のメッセージ
咳が出れば咳止め。
治らなければ、肺のレントゲン検査。
アレルギーがあるならアレルゲンを突き止め
治癒。
喘息なら気管支拡張剤を吸う。
確かに、これが正調治療かもしれませんが
もう嫌なんです。もう違うんです。
えっ?誰が言うんですか?
はい。「気」がいうんです。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR