FC2ブログ
コンテントヘッダー

肉体からのご卒業

私の小学校からの親友は、5年前、ガンを患い、
あっという間に、光の世界(エネルギーの世界)に
旅立ちました。

そう、この世をご卒業され、あちらへ無事、ご入学
されたのです。

5月に、末期ガンと告げられ、その年の8月末に
ご卒業を迎えたのです。

その4カ月間は、直接会っても、メールでも、必ず
感謝の言葉がありました。

痛かろうに、苦しかろうに、と察しても、彼女の
姿勢は変わらず、大きな気づきと、大きな何かに
委ねるように(もちろん、少しは、泣き言や、現実への
抵抗もありましたが・)旅立ったのです。

病室は、最上階にあって、見下ろす黄金色の麦畑や
少し、成長した稲たちのグリーンの田んぼを、「きれい」
と、言いながら、よく二人で眺めてました。

「マミくん、歳とったら、一緒に老人ホーム入ろう」
なんて、冗談いってたのに・・
とっとと、行っちまったよ~

学生時代の彼女は、粋でカッコよく、俗にいう
不良とちょいと違う、賢い番長みたいでした。

若い頃は、かわいいログハウスの紅茶の店を、
持ち、私が、近くの音楽教室に教えに行く際、
立ち寄りペチャクチャおしゃべりしてました。

論争好きの彼女は、お酒が入ると、やっかいで
「絶交だ」なんて、私もエゴと若さ(バカさ)ゆえに
何度も喧嘩しました。

懐かしいなあ~ン十年前、かのシャーリィマクレーンの
「アウトオンアリム」に二人興奮したものです。
ついに、有名女優が霊的世界を語りだした。と・・

お互い、いろんな体験をして、年を重ね、
彼女は旅立つ2年前、自ら、高齢者向けの
ディサービス施設を設立し、代表となりました。

施設の軒先で、小さな駄菓子屋もはじめ、
地域の子供と、お年寄りが、触れ合うことの
大切さを具体化させました。

今も、その意思は、新しい代表に引き継がれてます。

52歳という若さでの、旅立ちは、傍から眺めていても
面白い、濃密な、時折破天荒な、まったく退屈なしの
人生に感じました。

彼女自身も「面白い人生だった。」と、言ってました。

旅立ち4日前、私が帰ろうとすると、突然、抱きつき
「うん。これでいい。」と涙を浮かべ、笑ってました。

「お迎え来るから、迷わず、途中下車せず、
光の世界へ行こうね。」そんな私の言葉に、
先に逝った両親や盲導犬なりそこないローリーと
「本当に会えるよね」と、確認されました。

それから、私に「早くおいでよとは言わないよ。」
なんて、言ってました。

ご卒業のその瞬間は、自ら、起き上がり、酸素マスクをはがし
「もう、いい」といって倒れ、旅立ちました。
そこには、ドクターも看護士さんもおらず、仲良しの
3人の友達が囲み、手を握りしめてました。

葬儀の日、こんな美しい顔だったのか、と思うほど
きれいな顔をした彼女。

私は、同じ年の岡崎ジャズストリートに出演した際
歌の合間に、彼女の話をしました。
キャロルキングの「ユーブガッタフレンド」を歌い終えると
会場の男性から「友達に乾杯」と、生ビールの差し入れがあり
嬉しく、泣けそうになったことを覚えてます。

時々、夢で逢う彼女。
つい最近は、こんな夢でした。

体調不良の私をおぶって歩く彼女。
しかし、足が地べたにつきそうで、背負われていても
落ち着かず、「チェンジ」と私が言う。
すると、なんと、みるみる回復し、元気がみなぎる。
次に、彼女を小さく折りたたみ、ポケットに入れ
大切に持ち歩く私。
そして、「あんたはエネルギー体だから、やっぱ自由自在だ」
と感心した。
………こんな感じでした。

今日のメッセージ
あのころよりも、今だからわかることもいっぱいです。
この世は、以心伝心が叶わないからこそ、
時間や空間を使い、たくさんの学びがあるのかもしれません。
彼女がこの世に肉体を持っていたころ、理解できないことが
たくさんありました。
そして今、理解が誤解だとわかることも多々です。
今や、知れ渡っているホオポノポノ。
ゴメンナサイ、アリガトウ、ユルシテクダサイ、アイシテマス
あらためて、何と素敵な言葉かしらと感じます。
素晴らしい言霊。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ホームページが変身しました

皆様、毎日蒸し暑い日が続きますね。

そんな中、素の和音のホームページが、新しく
なりました。
是非とも、ご覧くださいませ。

実は今日、宝くじ売り場でロト6を
購入し、「山のお家を建てよう」と、
はりきっていたら、な・・なんと

「歌をうたってらっしゃる方ですよね?」
と、売り場の中の方に声をかけられました。

驚きながらも、なんと、以前、2回ライブに
来てくださったとの事。

ありがとうございます。

「もう唄ってないのですか?」と、聞かれ
早く、活動を再開しよう!とスイッチがオン。

「山に家が欲しくて・・」と話したら
「当たりま~す。」と、元気な声で応援され
嬉しかったでーす。

今日のメッセージ
私の持ち合わせる貧弱な言葉では、とうてい
表現しきれない気持ちがあります。
思いがけないギフトが日々あり、それは選り好みできない
おおいなる源の愛とも冗談ともいえます。
皆さんも、時には、ジタバタあがきをやめ、
自分の夢や目的以上の「なるようになっていく」
・・、無限の可能性を信じてみませんか?
宇宙は決して、私たちを悪いようにはしないし、
不幸せにもしない。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

こんな風に考えたら?

もし、私が死んだとしても、肉体の中に
心臓は入ったままです。

心臓は、消えることも、抜け出すこともなく、
ただ鼓動を止めるだけです。

電池式の時計なら、電池を抜けば、時計の針は
止まります。

しかし、「ご臨終です」と、言われても、
肉体の中に心臓は入ったままです。

と、言うことは心臓に、エネルギーをおくっていた
ナニカが、そこに別れを告げ、肉体を去ったのです。

言い方を変えると、死んだのは肉体で、ナニカ(命)は
肉体の「ご卒業」と同時に、新たなる次元に「ご入学」
をされたのです。

この世では、卒業式に泣く人は、大勢いますが、入学式に
号泣する人はあまりいません。

この世では、卒業生を見送る在校生は、彼らの入学先も
見えます。

しかし、次元の違う世界へ移行した卒業生は、見えず、聞えず、
・・・感じにくく・・それが永遠の別れを錯覚させるのです。

私たちが思えば、いつも、光のエネルギーとなった命は、
そばにやってくるのではないでしょうか?

・・こんな風に考えては?・・

前進ばかりが、いいんじゃない。

だって心臓にエネルギーをおくる命は
私たちに自発呼吸を促します。

呼吸だって、吐く・吸う・止める・・

転換期、変換期は、まるで物事が上手くいかず、
止まっているように感じることもあります。

それから、義務、犠牲は人が作り出した観念です。
摩擦を伴う観念です。

命の喜びは、義務も犠牲もありません。
その喜びは、流動する摩擦のないエネルギー。

救えるのは人でなく、私自身のみ。

今日のメッセージ
決意し、何かに、夢中に取り組むエネルギーも
すごいですが、子供みたいに無邪気に笑い、遊ぶ
エネルギーもすごいんです。
この世を卒業された魂は、そんなエネルギーを
感じる事が、何より嬉しいのではないでしょうか?



このページのトップへ
コンテントヘッダー

残骸

あの時も・・そうだった・・と、悩んでみても
前も同じだった・・と、人を責めたくなっても
また、やってしまった・・と、自己卑下しても

いいんだ。いいんだ。大丈夫。

本当は「あの時、前、また、」っていう、
自分の中の記憶に焦点をあてて、感じてる
私がいるだけ。

それはね。
好ましくない状況を、もう終わった、と
忘れたいのに、何故か忘れまいとしてる
矛盾した思いがあるんだよね。

痛みや悲しみの未消化な、形ない残骸が、
叫んだんだよ。

さあ!もとの光のエネルギーに戻そう。

そんな残骸をみつめ、「よく頑張ったよ。自分」
って、言葉をかけてみよう。

深呼吸をしてみて。

心臓に触れてみて。

ドクドク波打ついのちを感じてみて。

「あの時、前も、また」って感じてる私を、
波打つ命が見つめてる。

命には、自己卑下も後悔もないんだよ。

でも、卑下や後悔や比較が、ふっときたら
「よく頑張ってるね自分」って光を贈ろう。

それはね、誰でもない、自分自身が自分の
最高最強の救世主なんだよ。

今日のメッセージ
生きる事は、マニュアルなんて通用しない。
だから、ドキドキするんだよ。
その時、その場でしか対応できないことの、
なんとまあ、多いことやら。
考えない。悩んでも仕方ない。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

十六茶

蒸し暑い日が、続きますね。
雨も、まるで、ピンポイントで集中的に、天から
落とされるみたいな降りようです。

外壁を修繕中の我が家ですが、雨の合間をみて、
塗装屋さんが来てくれます。
多分、親子かな?と、思われる、顔だちそっくりな
感じよい、ちょっとはにかみ屋さんの2人です。

「ごくろうさまです」と差し出すお茶に、ハッとしました。

十六茶は、600ml入ってたっぷり飲めます。
しかも、カフェインゼロ。

そ・し・て・・・ラベルには「しみわたる純粋仕立て」書かれてます。

しかし私は「しわたるみ純粋仕立て」と、違和感なく
読めてしまい、老化に悩むオバサン心をくすぐるなあ~
と、勘違い!

そういえば前にもありました。

よく、買いに行くコーヒー豆専門店の店前に、はためく旗。
「本日 特売」と本日と特売が横書きで2段に書かれた旗。
これが、風にはためき「日本 売特」に読めて、
この店は、すごいなあ、と思ったのです。

今日のメッセージ
一度、スーパー、コンビニの十六茶を手に取り、ご覧ください。
無理なく「しわたるみ純粋仕立て」と、読めてしまう事を、
ご体感してみてください。

え~っ!「しみわたる」しか読めないって?
そんなア・ナ・タ・  もしかして膠着した固~い考え方に
何か悩みをお抱えではないでしょうか?

是非、音叉療法に我が家にいらしてください。
お試し、1回3500円で~す。
すごく、癒されますよ~。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

原始感性の目覚め

今朝、突然「あっ、そっか!」と、気が付きました。

何がって・・?それは、愛犬アイシャとのブログ
「アイシャとマミのスピ日記」このタイトルが全く
しっくりしなかったこと。

スピはスピリチャリティの略ですが、意味は
霊性とかでしょうか?

もう、これ最近しっくりきません。

霊性って聞くと、人間には生きる意味、目的があり、
それぞれの使命がある・・
私たちは霊的進化、成長を望む・・
それぞれが意識を変え、次元上昇する・・
  
以前の私なら、飛びつきそうな話ですが、
いかがわしさと、自然の法則は紙一重です。

何かに向かって成長するイメージは変だよ~!
修行したとか、特別な誰かが持ってるもんじゃ
ないんだよ~!      


「原始感性」「原始感覚」の目覚めっていう方が
ぴたっとします。
あなたにも、わたしにも、誰にでも、あるもの。
シンクロニシティもここから起きるんじゃないでしょうか?

私の中の最奥にある、そこが起きれば、命を
感動するくらい実感します。

忙しさの中、過去未来にばかり意識をむければ、
命の実感は乏しいです。

実感は「今この瞬間」。

私たちは、個として、生まれた時から、競争社会に
生きてます。

そうなれば、仲良しの隣は「共有の命」どころでなく
ライバルになります。

と、なると、人を見る時、姿かたちや、肩書抜きには
相手を感じられなくなり、自分の命とのつながりなんて
全く考えもつかなくなります。

そして、社会や、先生、両親も知ってか知らずか、
教えてくれません。

物質社会を生き抜き、より豊かさを得、世間の目は
大切で、人様の評価が我が価値に転換したのです。

時代背景も後押ししました。

しかし、今や緩やかに、かつ、ある意味では、速やかな
変換機でもあるようです。

命は見えぬエネルギーであり、気、周波数、振動波です。

それは、絶えず変化し、途切れや区切りのない流れ。

こんな話を、たくさんの人が語り、伝えています。
繋がり、まさにハーモニーのように感じ、響きあう時代です。

遠くに住むあの人、この人が出会い、孤独を超え
手を取り合う時代です。

学歴や肩書や年齢は関係ないんです。
大切に思う人が、大切にすればいいだけです。

何より「原始感性」のスイッチオンだと思います。
今日のメッセージ
霊性と聞けば、近寄りがたさがないですか?
原始感覚となると、懐かしくないですか?
目覚めは、ここが立ち上がることなんですよね?
白紙な気持ちで、相手を見れば、命を感じる。
違う個性を有した相手、しかし、共有する命で
繋がる相手。
先に、自分の中の命の実感があってこそです。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アイシャとマミのスピ日記  笑いは万能薬

アイ・・ご無沙汰で~す。

マミ・・あんたって単純だよね?

アイ・・えっ~自分は複雑だと思ってんの?

マミ・・うん。アイがうらやましい。

アイ・・真似すりゃいいじゃん。

マミ・・そっか!

うふっ!(トイレ編)
スーパーのトイレから出てきた母子

子・・「ねえ、どっち行くの?」

母・・「うん。こっちよ。」

アイ・・「ウンコっち?」

マミ・・「ナイス!」

mami001-1.jpg

観念構築(またしてもトイレ編)
トイレ個室内母子の会話を横個室で聞くマミ

子・・「う~ん!う~~ん!うっ~ん!」
   「いっ~ん!」

母・・「だから、言ったじゃない。ヨーグルト
   食べないから。もうっ!」

マミ・・「あのう。私はヨーグルト食べてもでないですが・・」

アイ・・「この便秘の苦しさから、排便の大切さを
    学ぶと同時に、方法は人それぞれも知る。」
mami002-2.jpg

今日のメッセージ
「出入口」とあるように、やっぱり出す方が先。
「呼吸」も吸う方が後。なるほどな~。

じゃあ、お金も出して、後から入ってくるんだね。

支払は、気持ちよく、そして必ず「お金さん、ありがとう。
いってらっしゃい。お友達、いっぱ~い連れて
帰っておいでよ。福沢君連れておいでよ。」と言おう!
照れずに、堂々と・・
ここがポイント!

こうしないと困ります・・なんて様々な刷り込みが
あります。
予測不安に対応しすぎると、消耗するので、
何事も、ほどほどに。
でも、お金は、お金を好きな人のところへ、
楽しい人の所へ、くっついていくかも?

「いつでも、おいで~諭吉く~ん。」


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR