FC2ブログ
コンテントヘッダー

健康って?

おはようございます。
昨日の続きを、書かせていただきます。

人間は素晴らしい頭脳と、進化、発展への創造性を、
持ちながらも、反面、幼稚で未熟な生き物かもしれません。

私たちは、見えぬ根や、全体像を見る事が、案外と下手くそ
です。

例えば、外傷による外科処置のようなデジタル処置は、
素晴らしいですが、病気という、内側に抱えた問題は、
とてもアナログ的であり、表向きに目を凝らせば、
対処療法をするしかありません。

ちゃっちゃっと、症状に病名を当て、出ている問題に相当する
薬を処方する。

その場しのぎ。
これは、モグラたたきと同じで、そこを封じても
別の穴から、ひょこっと顔を出す。

もちろん、場合によっては、一刻も速い対処が大切です。
でも、すべてにおいて、速さにこだわれば、余計問題が
こじれたり、膨らんだりする場合もあります。

生きる生命力、治癒力のアップは、全体を支える根に
目を凝らし、そこに崩れかけたバランスを取り戻す力を
与える以外ないかもしれないのです。

そして、力のアップは、いくつになっても可能です。

だから、「簡単にちゃっちゃっとできない」と、腹をくくり
即効性をあきらめ、寛容の波に乗って、瞬間瞬間の
細胞の入れ替わりを信じる。

根の原因があってのことだから、養生は自分と自然と
大いなる命の協働作業なのです。
痛みも苦しみも、早く取り去りたいのは、当たり前ですが
訳あって、長引いてるのかもしれません。

そして、気持ちの切り替えは、即、可能なのです。
抵抗から受容への変化は、かたくなな体と心を
緩ませます。

私は、生まれて、1度も母乳を飲んだことが
ありません。
母が、出産後危篤状態になり、長いこと養生をしていたので
仕方ありません。
そのせいかどうかわかりませんが、腸内の、
善玉細菌が少ない為か、小さい頃からひどい便秘
で、薬を飲まないと排便できなかったのです。

腸の不活性は、様々なアレルギーを引き起こしました。
コレステロールもとても高くなりまし。
体力が落ちれば、即、免疫不全につながっていきます。

しかし、腸は腸だけで機能しているのでなく、
多くの臓器と関連しながら、神経や、ホルモンと
関係しながら動いてます。
それら全てを収める肉体という宇宙服は、私という自我の
「意」を持って扱われてきたのです。

だから、自我の悪影響も十分あったとおもいます。

この服を着て、死ぬまで生きるのが、肉体です。

一切の化学薬品をやめ、自然治療に取り組んでます。
根の力をつけ、全体のバランス力をアップし、
生き生きと暮らすことが、肉体さんへの心からの
「ありがとう」につながるのだと思わずにおられませんから。

今日のメッセージ
ちょっと、強がりもありますが、やっぱり、いろんな苦労って
自分の底力を上げてくれてます。
悩み、もがき、探し、ためし、ぶつかり、倒れ、立ち上がる。
傷をひと舐めしながら、人と関わり、裏切られたり、助けられたり・・
この経験が、この感情体験が、人生の心の筋肉になrって、
しかも変形自在のゴムみたいな筋肉になっていく。
その筋肉の持ち主は、やはり自由でとらわれのない人が
お似合いです。
人生という、押し広げた時空間を観賞している命そのものが、
本質のわれわれです。
肉体は借り物、心も記憶と観念の創りだしたものですが・・
人間目線で言うと、現実には、しっかり地に足をつけ、
起きていたことに取り組み、体験する。
成長、進化の向かう魂は、本当に地球大冒険が
わくわくするようですが、思考の自分はわくわくより
ドギマギしちゃうんですね。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

深呼吸のすすめ・・健康とは?

おはようございます。
久々にブログを書きます。
ちょっと、健康について私なりの感じ方を書いてみますね。

世の中には、情報が溢れかえり、ある時期を境に、
一気にその波が膨れ、ブーム到来となります。
いつにまにか、そんな波も、静かに引き、影をひそめて
ゆき、また新たなブームがやってきます。

健康に関する情報、病気を防ぐ情報、病気を治す情報
今や、インターネットから、大量の情報が、つかめます。
溢れる情報、様々な口コミ、やがて訳が解らなくなるほどの
知識に、やっと自らの直感が発動します。

が・・不安にかられた意識は、直感と思っても、馴染みの
感覚での選択をしているのが、おちです。

もっと詳しく書籍を、調べれば、医学的な検証による
作用や効能は、誰でもわかります。

が・・人はそれぞれ違った体質、資質を持ち、多種多様な
環境の影響を受けながら暮らしてます。

この人に、これはOKでも、あの人には合わない、ということは
いっぱいあります。当然ですよね。

だから、何事も、体験経験を通してしか確認できません。

毒と言われるものでも、転ずれば薬となるのです。

また、病気と健康の境界線は、あるようなないようなもの。

人は病気と健康を行ったり来たり、普通にしながら
暮らしてます。


面白い本からの抜粋です。
健康と病気について」   ルドルフ シュタイナー
呼吸プロセスとは、まずは息を吸い込むプロセスなのです。
我々は、我々を取り巻いている、空気を、それも生命にとって
必要な酸素を吸い込みます。酸素は、我々の全身に広がります。

全身には、炭素が小さな粒子で散在してます。
いや、むしろ泳ぎ回ったり、飛び回っているといいたい。

おわかりですか?炭素を自分の中に担っています。

炭素は、自然の中にも見だせます。

石炭の中にも、植物の中にも存在します。
植物は、炭素と水で構成されているので、炭素は植物の
最も主要な成分です。

皆が持っている、鉛筆に黒鉛が入っていれば、
その炭素で、物書きをするのです。

またダイヤモンドは、非常に貴重な石ですが、やはり炭素なのです。
ダイヤは透明な炭素で、石炭は不透明な炭素です。

自然の中では、石炭の様に存在を誇示できない
エレガントでないものと、英国の王冠に使われる価値ある
ダイヤモンドが、おなじ素材であることが興味深いです。
ただ外形の違いです。

そのような炭素を、我々は様々な姿で我々の中にもっているのです。

我々は、酸素を吸い込みます。
あちこちの体中に広がり、炭と結合しします。
酸素が固い炭と結合すると、再び炭酸ガスが発生します。
炭酸は、炭素と酸素が一緒になったものです。
そして、これを吐きだします。

私たちの生命は、酸素を吸い込み、炭酸を吐き出すことによって
言い換えれば、自分の体を、他の世界に介入させることで、
そもそも成り立っているのです。

しかし、次のように言うこともできます。
「我々が、いつも単なる酸素を吸入したなら、
計り知れないほどの炭素を持たねばならず、炭酸は我々の中に
とどまらねばならない。」と

「すると、息を吸い込むことで自分を膨らませることになり
極めて巨大化するかもしれない。そうなると、人は、常に
息を吸い込み、ものすごい吸気になる」と。

でも、我々はそんなに炭素を持っていません。

炭素はたえず、再生されなければいけないのです。
我々は、息を吸うだけでは生きられず、息を吐かねば
生きられないのです。

だから炭素を新たに形成しなければならないのです。

「酸素は我々にとって生であり、炭酸は死である」ともいえるのです。

炭酸で満たした部屋の中に入れば、死ななければなりません。

我々は常に入れ替わっているのです。
息を吸い込むことによって、生の空気と一緒になり、
吐く出すことによって、死の空気と一緒になるのです。

絶え間ない生と死が、続いているのです。
                           ルドルフ シュタイナー


今日のメッセージ
まさに、私たちは、呼吸を通して吸気で「生」を、吐気で「死」を
毎瞬、体験してます。
息をするのは当たり前すぎて、意識が向かず、
感覚的にも鈍感に」なっています。しかし事実です。

たとえば、深呼吸するとき、なるべく自分を微細な振動する光と
考えたらいかがでしょうか?

その後音叉をすると、細胞内の水が、音叉の周波数により
揺さぶられ、自己調整の開始です。

私にとって、健康とは、病気にならない事ではなく、自己治癒力
の底上げであり、その治癒力とは、肉体、精神、魂のバランスを
とることと深い関係性があると思います。

病気知らずの強靭な肉体、体力があっても、もし
ゆがんだ思いや、エゴまるけの精神であれば、
その人の全体像を健康とみなせるのでしょうか?

免疫疾患は、免疫機能のアンバランスがもとになり、
発症します。

外に現れ、発症すればこそ、気が付けるのであって
「気づき」をもたらす、症状は、辛いし、嫌ですが
決して「悪者」ではないと思ってます。

気づきが、バランスを取り戻すきっかけとなるからです。
この続きも、書きたいと思います。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

風邪をひきました

久しぶりに、風邪をひき熱が出ました。

以前なら、これだけ発熱すれば、お医者さんに、即
行きました。

しかし、ここ2年、薬も飲まず、体調不良なら、音叉
を体にうち、ホメオパシーのレメディとマザーチンクチャー
を自分に処方しています。

まずは、早めに、休むこと。
使用レメディ
アコナイト、アーニカ、ジェルセニウム
使用マザーチンクチャー
エキネシア、スーヤ、ササ、カーディアスマリアナス
使用音叉528Hz、オゾン、オームユニゾン

以前なら、喉の痛みで全く眠れない状況になったのですが、
それはありません。
熱で体中、痛みますが、音叉はそれをや優しく、和らげてくれます。

鼻水も黄色いのが、朝からでてます。
咳は出ますが、ペットボトルにマザーチンクチャーを
各数滴たらし、シャカシャカトントン振ってゆっくり飲みます。

植物や鉱物の波動を転写したこれらは、驚くほど効き
音叉も純粋な波動が、体の不調を自力調整してくれるようです。

今日のメッセージ
小さい頃から、あまり丈夫でなかった私ですが、
何かある度に、医者に行き、大量の抗生物質や
ひどい時はステロイドを頻繁に使用してました。
化学薬品である薬は、治療の目的で使用しても、
やはり体内になんかしらの異物質を投入するのだから
体は別の(治療以外の)反応もするのです。
肉体は消耗品だから感謝の気持ちで、お手入れ
したいです。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

愉快な子供たち

アイシャの散歩途中、公園に立ち寄った。

8人の子供たちが、なにやら泥だらけになって
作業してる。

わーっ!階段横の斜面を掘って、その土に水を混ぜ
固めて壁ができている。
あたりの雑草たちは、見事に綺麗に抜かれ、壁の内側に
敷き詰められていた。

私たちを見つけた子が、近くの水飲み水道で手を洗い、
大急ぎで近寄って「かわいい~」とアイシャをなでてくれる。

顔にも服にも泥がつき、無邪気な笑顔がまぶしい。

泥んこ天使・・「ねえ、このワンちゃんはいくつ?」

マミ・・   「8歳だよ」

泥んこ天使・・「あっ、わたしより1こだけお姉ちゃんだね。」

マミ・・   「ねえ?みんな同じ小学校なの?それとも、
        親戚とか?」

泥んこ天使・・「違うよ。あの子と、あの子は○○小学校で、 
        私は××小学校。」

マミ・・   「何してんの?」

泥んこ天使・・「みんなで住むお家。カブトムシもね。
        草がジュータンで、ここがリビングで・・」

マミ・・   「仲がいいんだね。歳も違うし、・・
        あれ?この子は兄弟?」

泥んこ天使・・「うん、僕だけ幼稚園だから、お水
        汲んであそこに流す役。みんなは、
        そこを掘って、固めて石入れて、壁
        造る役。」

マミ・・   「ふーん。分担作業だ。リーダーは?」
  
泥んこ天使・・「5年生の私。明日はみんな用があるから
        お休みで、あさってまた造るの。」

マミ・・   「ねえ?ゲームより楽しい?」

泥んこ天使・・「あんなのやってたらバカになる。」 

マミ・・   「完成したら来ていい?」

泥んこ天使が、みんな一斉に「いいよ。いいよ
ワンちゃんもね。」と、私たちを取り囲んで言った。

今日のメッセージ         
そんな子供たちとの出会いに、主人は超感動していた。
本、「アミ 小さな宇宙人」の中に
「ゲームなんかしてたらバカになちゃうよ。」
と、おばあちゃんの言葉があったのを思い出す。
まさに、現実にそれがここにある。
子供たちの口からでた言葉が、私を気持ちよく震わせた。
性別、年齢、学校、家族を超えた、「遊び」を
通しての結びあい。
朝の、この子供たちとの出会いが、宝物みたいに
感じられた。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アイシャとマミのスピ日記 その3 よく動く頭さん

アイ・・お散歩は気持ちいいね。

    森の散歩

マミ・・うん。アスファルトの整備された道より
    こんな森の道は気持ちいいね。
    
    棒道散歩

アイ・・マミの足はあっちこっちにむいたり、
    砂利に滑ったり、大きな岩をまたいだり、
    街中の歩道より忙しそうだよ。

    水源散歩

マミ・・うん、そのぶん頭がお留守になって、目も意識も
    足元にむき、耳は森の声を聴き、注意深いのに、  
    くつろいでるなんて不思議だよ。

アイ・・人間はすぐ頭をフル稼働させちゃうよね。

マミ・・考えまいとすると、余計にそこに関心が向き
    「家政婦はみた」みたいに覗き見したくなり、
    悪いことや、怖いものほど、すぐ想像しちゃうんだ。

アイ・・「○○になったら・・」「××の場合は・・」とか?
    次々と妄想が巨大化する。

マミ・・たとえばさ、夢ってあるじゃない。
    山に家が欲しいとかさ・・これって形としての家が
    欲しいのか、自分のくつろげる空間がほしいのか
    ここ思い違えやすいんだ。

アイ・・マミの場合は自分の家のその空間にくつろぎ、
    暑い時は私を置いて、心配なく買い物をしたいんでしょ。
    ワンコは乗れないから小海線の旅したいんでしょ。

マミ・・そうそう、喜びの感触をそのシチュエーションは
    作り出すと信じてる自我があるんだ。
    その喜びの状態はいまここで妄想可能なのに、
    頭(思考)はすぐさま達成の手段を 考え始める。

アイ・・わかった!どうしたら良いかの計画や設計が先行し、
    新たな問題や難点を穿り出すんだってこと?
 
マミ・・そう、勝手に想像し、無理かもって思い、変な
    葛藤がおきる。
    葛藤は2つ以上の中でおこる頭の混乱。
    可能or不可能  善or悪  イエスorノー
    複雑かつスリリングかつほんとはシンプルな
    ゲーム。人生ゲーム。

アイ・・あのさ、自分でハードル上げて飛んでる走者
    みたいじゃん。
    飛べちゃう高さは面白くないから、調整して
    ぎりぎりの高さにして、葛藤と言う生きてる感
    を存分に味わい、心の揺れをコントロール
    してるかのように錯覚してんじゃん。

マミ・・そう、だから深呼吸して内側の観賞台に行くんだ。
    自我の自分は、難解への取り組みを、嫌なふりして
    果敢に望み、苦闘しながら「頑張ってるわたし」
    をアピールしたいの。
    「よしよし、自我ちゃん頑張ってるね。」って
    見ると深刻にはならないから。

アイ・・自宅からうーんと遠くまで行っても、自宅はどれだって?
    忘れないのに、自我は「忘れました」って
    言い張るみたいな感じなんだね。

マミ・・夢は確かに、この人生の方向づけにひと役かってる。
    夢は具象化までの幻のあぶくだから、みたら
    引き出しにしまって、忘れたっていいんだよ。

アイ・・なることはなる、ならないことはならないって感じで   
    執着しないんだね。

マミ・・意志決定したら、ここから先はおまかせなんだ。
    やる必要のあることや、出会うべく人はその
    タイミングで目の前にやってくるから。
  
アイ・・そのタイミングはマミの知るところじゃないんだね。


今日のメッセージ
苦悩は自分で創りだしている。
このままでよいなら、何の問題も悩みもない。
でも、なまものの私たちは、変化を常とし、宇宙も
どんどん好奇心を差しだしてくれる。
不完全だから、人間をやっている訳で、思い通りにいかないから
思考を使いまくる自我のオンステージがあるんだ。
なるようになる・・そして、「わたし」を超えたなにかが
いつも在る。それは「わたし」の比較にならぬ叡智を持っている。
今この瞬間のあるもの、見えるもの、聞こえるものを
ただ感じている。
おおいなる私、自我のちっちゃい私、時々
立ち位置を変えながら日常を楽しめばいいんだよ。
  
   








このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR