FC2ブログ
コンテントヘッダー

様々な体現

お米のように親しまれ、
水のようにしなやかで、
竹のように揺さぶられても折れず、
ああ~かっこいい~そんな人になりたーい。
なあんて、理想が頭に巣食ってた時もありました。

理想、りそう、risou・??・その思考の罠から
抜け、「我、今にあり」となると・・・・
・・今のままでOKワッペン
胸につけられていることがわかります。

OKワッペンは、心臓の奥に立体であります。
長いこと、肉体人間を自分だと、疑わず、自我にまみれると
真我である本質のOKワッペンは、曇り、埋もれてます。

神社に行くと、本殿に鏡がありますよね。
鏡にうつる我が、神の分御霊であることを思い出すためです。

お天道様が見てる、と昔の方は、言いました。
それは、悪いことをしないよう、見張っているのではありません。
あなたの中に、神様と同じものがあり、それが、あなたらしく
発芽、発動するよう、天から、光を降り注ぎながら、
見守ってくださるのです。


魚だからといって、皆、泳ぎができるわけではありません。
海底を、這うように移動する子もいます。
鳥だからといって、飛ぶのが上手いわけではありません。
陸上を、駆け足で移動する子もいます。
お勉強が、できないのも個性。
のろまも、ドジも個性。

全ての創造主である神様は、自らの属性を、あらゆるものの中に、
体現されました。
しかも、一つとして同じはないのです。
さらに、この物質次元でも、変化を常としてます。
毎瞬、変わっていくのです。
昨日と今日の私は違って当たり前。

人や自分を決めつける思い込みは、握りしめている記憶を
変わらないものと思う、エゴの仕業です。

今日は、何色つけても、ラッキーカラー。
どこに出かけても、四方八方大吉方向。
出会う人すべてが、神様。
何があっても、スペシャルで、宝の種。
そんな風に、一日生きてみませんか?

どんと行こう!
OKワッペン胸に輝かせ、軽やかに行こう!


今日のメッセージ
できる完璧。できない完璧。
どっちつかずの完璧。
起きた事は完璧なんだよ。
今の風は、今しか吹かない。
そう思えたら、もう1度胸を見て。OKワッペンが内側から光ってるから。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

一期一会

「あ~死ぬかと思った」と、言いながら、
電車に駆け込み、私の隣の席に、勢いよく座る男子学生くん。

静かに本を読んでいたところを、まるで地震のごとく、
シートを、揺らされた。
さらに、深々と座り込み、組んだ足を高々と上げ、スマホを見てる。

ガムをくちゃくちゃしてる。

あれぇ~本の内容より、隣の男子学生くんが、気になってる私。

ふてぶてしい態度、行儀悪い!・・(始まったぞ、裁判官の声。)

でもさ、猛ダッシュして、多分、遅刻しないよう電車に乗ったかも。

真・面・目じゃ~ん!

時々、首をボキっって鳴らしてるよこの子。

丸刈りに近い、短髪の男子学生くん。
どんどんシートに沈み込み、頭の高さが、私の肩の位置になった。

あっ、時々こっち見るわ、この子。

そりゃそうだ、君を題材に、文章かいてるもんね。
うふふ、ブログにかくんだよ~!

「あ~」また叫んで、閉まるドアのぎりぎりで、降車した。
乗車も降車も「あ~」だった。

今日も楽しくお勉強してきてね。

今日のメッセージ
いったい何人と、この人生で出会うのでしょうか?
行き過ぎるだけの出会いもあれば、気に留め、顔をみてしまうような
出会いもあります。
親しくなったり、喧嘩したりの出会いもあります。
いつ会うのか?どこで会うのか?知る術もないけど、
出会う人、全てが自分の人生というタペストリーの
織り糸です。




このページのトップへ
コンテントヘッダー

音楽の力・・夢中

「集中して」、「もっと集中しなくては」このように言われたり、言ったりすること
ありますよね。
集中力という意志力は、計算や読み書き、事を成す時には欠かせません。

それとは違い、「夢中になる」という、意志すら手放した状態は、
心身共に「いま」にあり、緊張すら緩み、抑制のないエネルギーを生みます。

集める力から夢の中へ、・・夢の中へ夢の中へ~(おっ歳ばればれ!)

音楽は私たちを夢中にさせてくれます。
音は周波数(波動)として、耳のみならず、皮膚からも吸収され、細胞を震わせます。

細胞自己調整の自覚がなくても、精神を音楽に助けられている人はたくさんいます。
歌に涙したり、楽器演奏に励まされたり、カラオケで発散したり・・

競い合わず、上手い下手を超え、音楽する。
歌う、苦手ならリズムを刻む、それも苦手なら大根を刻み腰を振る。

私は音楽を教えています。が・・怪しまれるのを覚悟して。
各人の気づきによるWakeupコールを促し、エネルギー調整のお手伝いを
お仕事と思ってます。

音楽をしながら肉体に刻みましょう。笑いながら目じりにしわを刻みましょう。
そして笑い、夢中になって、魂に深く深く刻みましょう。
摩擦のない音を、笑顔を刻みましょう。

今日のメッセージ
「いま」という時は、目にも止まらぬ瞬間ですが、一方通行のような直線上にある訳では
ないのです。
この瞬間には、厚み深みがあり、全てが包含されているのです。
体が今で、頭は明日を思うと言う状態が起きますが、声は今の息に今の音が乗っています。
それを意識するだけでも、全く違います。
我ここにあり!深呼吸しましょう。


このページのトップへ
コンテントヘッダー

シンプル

一世風靡した映画ゴジラ。
トロンボーン、トランペット、ホルン、バイオリン、チェロ、
打楽器を主に、オーケストラが奏でるテーマ曲は、大迫力。

ゴジラは「ドシラ、ドシラ、ドシラ、ドシラ」と、いたってシンプルな音。
このシンプルさが、想像を掻き立て、ゴジラの獰猛さの中にある
神聖ささえ感じさせる。

人間の生き様に、警鐘を鳴らすかのような「ドシラ」のメロディ。

もし、この曲が「シラソ」の音だと、重みが全く違います。
ゴジラはコジラになり、へなちょこ怪獣になります。

作曲家 伊福部昭はすごい方です。
独学で作曲を学び、数多くの素晴らしい作品を残したのです。

音楽大学にいかなければ音楽家になれない、のではありません。

私の歌のピアノ伴奏してくれるバラさんも
独学でピアノと、作曲法を学んだ人です。
小さい頃は紙鍵盤で習った人です。

今や、フランス人ピアニストに、作曲を依頼され、仕事の傍ら
曲作りに専念してます。

「これがないと、あれができない」と言う理由にならない事を、
たくさんの人から教えてもらいました。

‘好き’と‘情熱’と‘ちょっとした謙虚な気持ち’
さらに‘全体とのシンプルな調和の気持ち’があれば、
必ず、天は最高のタイミングで助け舟を出してくれます。

昨年末、バラさんと久々に飲んだ時、
彼が「僕たちは、あれこれ難しいことに、答えを見つけようとしながら
結局、素のシンプルなものに戻ってくるんだよね。」なんて
ニュアンスのことを言いました。・・酔って定かでない?

しかし、これははっきり覚えてます。
「私、シンプルなライブしていきたいんだよね。
般若心経もわかりやすくマミ流解釈で話してみたい。
一緒にやりませんか?」と、私が言い、
「やりましょう」と彼が言ってくれました。

今日のめっせーじ
今年は、そんなライブをしていきたいと思ってます。
是非とも、お越しください。
場所、日時は決まり次第、ブログ、ホームページにて
お知らせいたします。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

私が変わる

私たちは、ごくごく限られた視力、聴力の中で世界を感じ生活してます。
触覚も同じで、限られています。
まして意識に関しては、人それぞれ大きく違うのです。

意識を見ることはできませんが、内なる意識の現れが、それぞれの現実世界を創ってます。
先に笑わないと、鏡には笑顔の自分が映りません。

怒った自分の顔が、鏡に満面の笑みで映されたら、オカルトの世界に入り込んだか?
そんなことはないとして・・おっかしいじゃないですか~!

マンションだって2階より6階のほうが地上をより眺められるし、
スカイツリーのてっぺんならもっと一望できます。
意識をスカイツリーに例えるなら上がったほうが、全体を認識しやすい。

意識を上げるのは、一つ一つの経験から、気づきの石段を積み上げるようなものです。
石段と言うより、自らの内側に、気づきという繊細な薄紙を重ねる感じでしょうか?

そのためには、あらゆるシーンで、すべてを知っている訳ではない自分が
謙虚さを忘れないよう生きたいものですね。
(ほんとにそうだ!自分に言い聞かせてます・・)

みんなで宇宙というジグソーパズルをやっていて、1個のピースが自分なら
近くを形作るピースとは馴染み易いけど、ずっと遠くのピースはよそ者の
気がしちゃうんですよ。

だから、ハートの扉を開け、意識を高め、全体を感じれたら・・
あなたは何をしますか?

今日のメッセージ
たいそうな事を思はなくていいから、全然ダメな自分でも構わないから
1日1回全体平和、世界平和を祈りませんか?
もし、お金が欲しい、彼氏が欲しい、家が欲しい、健康が欲しい・・
その次でいいから、平和、調和を祈りましょう。
このブログを読んでくれているありがたい人へ。
海のプランクトンだって1匹では取るに足らないけど、大量に発生すれば、天から
光って見えるんですよ。







このページのトップへ
コンテントヘッダー

自由?

自由は制限のない状態、縛りのないこと、記憶すらない状態。

いつの間にか私たちは、ある程度の枠組みの中にある自由しかわからなくなった。
そして、安心できる自由が欲しくなった。

「自由になりたい」と叫んでも、制限のない空間では不自由を感じる。
比較対象が頭にあり、○○○より自由と感じてしまう。

実は、不自由を自らが選んでいる自由がある

安心とは安定した状態ではありません。

そんな固定された状態は、自由じゃあないですよね。
自由は固定されず、不安定だから動けるんですよね。

うちのワンコでも縛り付けたら動けません。
1mのリードより10mのリードのほうが動けます。
ノーリードのほうが、もっと動けるけど、いなくなると、飼い主の私の気持ちは
不自由です。

私たちは、自分の気持ちをひょっとすると、見えない紐で縛り
あえて伸ばしたり、縮めたりして「自由」を叫ぶのかもしれません。

今日のメッセージ
安心、安定は人間が不安から創りだした対極のもの。
その状態には確かな実体がなく、幻のようなものを求めてばかりでは
当たり前になった空気のありがたさや、自己都合なくあまねく照らす太陽の
恵みを感じられません。
空気、太陽なくして生きられないのが肉体です。自然、宇宙への感謝。
これらを痛感した時、あなたの前の世界が少しずつ、変わり始めるかもしれませんよ。
しかし、この世を、生きてるだけでもスゴイこと。
そして物質次元に変化を求めるなら、まずは自分の意識の変化なのです。
勇気も根性も、やっぱり必要なんですよ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

笑える美容室

ロングヘアの記憶は、数えるほどしかない。
保育園の時は、いつも三つ編みをして、日替わりリボンをつけていた。
裁縫の得意な母の、端布で作った手作りリボン。

しかし、これが、曲者だった。
お寺が運営する保育園に、通っていたが、全く馴染めず、泣きながら
何度も脱走を試みた。

そこには、こわーい先生と、太っちょの瑠梨ちゃんがいたから。
給食でやたら出される、きゅうりが苦手で、食べ残すのは許されなかった。
その後の、お昼寝も、なかなか寝付けず、ごそごそして、叱られた。
お遊びは、ブランコの立ちこぎができず、瑠梨ちゃんに、
リボンを取られいじめられた。
「デブ、デブの瑠梨ちゃんのバーカ」と、こっそり言いながら、
すぐ、めそめそした。

とにかく、髪の毛を切って欲しいと、母に懇願した。
が、母の楽しみがなくなるから、しばらくは三つ編みだった。

そんな私は、今や、超ベリーショートヘア。

自分の人生に、
髪をかき上げる、色っぽーい仕草は、皆無でーす。

昨日美容室に行った。
皆からしたらまだまだ短い髪も、私にしてみればロンゲなのだ。

静かなクラッシックのピアノ曲が流れ、アンティークな鏡台が置かれ、
大きな花瓶いっぱいのカサブランカ。
妙に落ち着く場所。

美容室の初老の男の先生は、私の事を、先生と呼ぶ。
「せんせい、初夢、すごく笑えるの見ましたよ。」

私・・「へえどんな夢でしたか?」

「川をセーラー服の高校生が、あおむけに顔だけ出して、
目を閉じ、流れてきたんですよ。」

私・・「三途の川だ!」

「わあ~大変おぼれてると思い、必死で
川に入って、救助したんです。何とか、陸に引き揚げて、
蘇生を考え、心臓マッサージを思いつきました。
やろうとしたら、その高校生が、突然
手のひらを、自分に向け、けっこうです、ってするんです。
びっくりしたら、目が覚めました。」


笑い過ぎて、お腹が痛い。
しかし、美容室の先生の話と手は、止まらず、どんどんカットが進み、
メチャ、べりーべりーショートの私が、鏡に映っていた。

「せんせい、今回はちょっと短めにいたしましたよ。」
私・・「わお~」

初夢の話には、おちがあり、実は年末、友人と旅行された際、
車の中で「三途の川を渡ったら、帰りたくても、もう帰れない~。」
と、メロディをつけ歌い、大爆笑されたらしい。

きっと、そこから初夢につながったのかなあ?


今日のメッセージ

死ぬときは、三途の川を渡ったり、まっくらや七色のトンネルを
抜けたり、いろいろ大変だなあ。
しかし、永遠の命である私たちが、学校で、魂のお勉強を受けることなく、
歳を重ねる。
なぜなら、本当の学校は、人生という、肉体の服を脱ぐまでの
一生だから。
そこで、私たちは体験を通し、魂の成長をする。

成長は体が大きくなることだけを指すのでなく、被物質の
心、魂、意識の認識が増すことも指します。

難しい話をしなくても、大笑いしながら、ポワーンと感じれば
いいんでーす。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

忘れる。

さあ!いよいよ2014年仕事はじめです。
笑って、泣いて、また笑い、四方八方吉方向だ!


>認知症と診断される主人の母(ばあちゃん)との会話より

ばあちゃん・・「昨日嫌なことがあった。○○さんに変なこと言われた。」

私・・「じゃあ、夕べ眠れた?」

ばあちゃん・・「コテンとなったら、すぐ寝た。」

私・・「そりゃ良かった。で、何いわれたの?」

ばあちゃん・・「それ忘れちゃったんだ。」

私・・「へぇ~何言われたか覚えてないの~」

ばあちゃん・・「覚えてないんじゃなくて忘れただけだ。」

私・・????「じゃあ、嫌な感じもみんな忘れたら良かったのに・・ねぇ」

ばあちゃん・・「そこがうまいこといかんのだよ。」

二人・・・あははははは



病気でなければ、覚える事は意志の力で記憶できる。
しかし、忘れるのは力もいらず、時の経過と共に自然発生する。

逆に覚えたくても覚えられない事や、忘れたくても忘れられないこともある。

心の奥底は表層意識とは逆になっていて、忘れたいと思いながらも、
忘れまいと握りしめている記憶もある。

摩訶不思議なしくみは、冗談のような
母との会話で気が付かされます。


こんな会話もあります
私・・「もう~だからさっきも言ったでしょう!」

ばあちゃん・・「何度も聞きたいんだ。」


忘れたことは、もう必要ないことで、あえて思い出さなくても何とかなることなんだね。

そして、こんな会話も

主人が、「真未のお母さん、癌だから、今年は年末からのばあちゃんの世話
、できないから自宅にかえれないぞ」と言ったとき、
ばあちゃんは、「私の事はいいから、」と言った。
私の母に、それを伝えたら「ばあちゃんは認知症じゃない。」と、また泣いた。

飲み込む力も弱くなったばあちゃん。
でも、私のコトコト炊いた大根を「何とも言えん、美味さ」と言ってくれる。
この表現は私を心から喜ばせてくれる。

私は12月28日から、実家の母を車に乗せ、毎日、隣町の病院まで、
貧血予防の注射を受けに連れている。
そして、我が家で、毎日20分ほど、様々な周波数の音叉を、
母の体に響かせている。

お正月、ばあちゃんと母が、久しぶりに出会い、
突然お互い抱き合い泣いた。
ばあちゃん・・「お母さん頑張ってね。今日、お母さんを励まそうと
きれいな色のシャツ着たよ。」
母・・・「大丈夫だよ。お母さんも風邪ひかないようにね。」
ばあちゃんは、涙とよだれをこぼし、顔をくちゃくちゃにして泣いた。
母は、そんなばあちゃんの肩を撫でていた。


今日のメッセージ
もし、あなたの中に、未消化な思いがあるなら、必ず、必要な部分が、
必要な所で、必然的によみがえります。
感情に耐え切れず、味わうことを避けたいマインド。
原因さがしに走り出したい気持ちはよくわかります。

逃げて避けきた思いは、1度しっかり受け止めなければ、駄々をこねる子供みたいに
あなたの中で泣き続けるかもしれません。

カルマと呼ばれる衝動は、もともとの周波数に戻ろうとして、何度も人生に
あらわれます。時に悲しみや苦しみを伴いながら。

でも大丈夫。大丈夫。
良いも悪いも含め、消えて行くために、現れた結果だから。
もう、戻ることはないんです。
カルマは怖いものでも、悪者ではありません。
しかし、あなた以外、光に返せる人がないからあらわれたのです。

さあ!悩まずいきましょう。







このページのトップへ
コンテントヘッダー

自然


昨年の冬至12月22日早朝  山梨県長坂町より

新しい太陽は、力をさらに増し、その命の光を、あまねく全てに、惜しみなく
自己都合なく、降り注いでくれます。

鳥たちは、日の出を待ちわびるかのように、さえずり、飛び交い、
その一生が尽きるその日まで、文句一つ言わず、
黒いカラスが、美しい鷺をねたむことも、ありません。

花は咲いても、枯れても、ただ花をやり抜きます。

石も石ころとか呼ばれても、蹴っ飛ばされても、転がった場所にただ落ち着き
風雨にさらされても、ただ在ります。

自然や、植物は、言葉を持ちません。

私は昨年、喉頭浮腫から呼吸困難になり、空気のありがたさが
身に染みました。

そして、自然動植物に比べ、いかに自分が傲慢に生き、
思考に捕らわれているかを思い知りました。

冬至の朝、ワンコと肩並べ、日の出を待ちました。

大きな進行中の変化の波を感じました。

今日のメッセージ
病気や体調不良になると、悪いところに、気も、目も、向きがちですが、
日ごろから、動ける足や、ご飯を口まで運んでくれる手の動きには
当たり前すぎて感謝すらできません。
そして、空気が吸えるありがたさは、なかなか実感できません。
地位、名誉、学歴、家族構成、財産、容姿、性格などなど、外側を比較すれば、
きりがないのです。
鳥や、石や、花を想像してみてください。
ただ、そのものを生きているからこそ、いきいきと、自然に混ざり、
「ある」のではないでしょうか・?






このページのトップへ
コンテントヘッダー

IMAGINE(イマジン)

あけましておめでとうございます

IMAGINE
Imagine there’s no heaven
It’s eazy if you try
and no hell bellow us
Above us only sky
Imagine all the people living for today

想像してごらん
天国はないって
やろうと思えば簡単な事だよ
私たちの足の下に、地獄なんてないよ
私たちが見上げれば、そこには、ただ青い空があるだけ
想像してごらん
すべての人は、今日を生きてるだけだよ


ジョンレノンの、このイマジンを、私は、何度歌ったかなあ?
ライブ、愛知万博、平和の会、学校、介護施設、小学校の講堂、様々な場所で歌った。
多分、私はこれからも歌うだろう。

今日のメッセージ

天国も地獄も、そんな場所がある訳ではありません。
善行により、死後に、天国へ行けるとか、
悪行により、死後、地獄に落ちるとかではありません。
天国も地獄も、今の心の状態を指すのではないでしょうか。
それを、覚醒していたジョンレノンが曲にしたのではないでしょうか。

いろいろなことが起きても、目を閉じれば、
静かな沈黙が感じられるはず。

そこには、何もなく、平和な静寂があり
今、ここが天国かもしれませんね。

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Mami

Author:Mami
愛知県在住。
声とリズムと音叉を使い、
ユニークな音楽教室を主催。
趣味:さんぽ、山を見ながらビール?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR